【ゆるキャン△】山梨県出身者が語る!聖地エリアについて更に詳しい説明をしちゃうぞ!

2018年はアニメのゆるキャン△がヒットしました。

ゆるキャン△の聖地として私は出身県の山梨県の田舎の街がこのアニメの舞台となっているのです。

ボクは、アニメに関しては疎く、興味もあまりないのですが、この地元の話題性に便乗しアニメを見たりもしました。

結構、リアルに街並みが描かれていて関心をする一方、具体的にアニメに出くる建物や施設がどういうものなのか?

地元民でなければ分からないようなことも記載していきたいと考えています。

 

山梨県に住んでいるからわかること。そんな独自の視点を、山梨県外の人にも知ってもらえたらと思います。

そして、この記事を契機に山梨県に遊びに来てくれる人が増えると幸いですね!

ゆるキャン△の経済効果

 

ゆるキャン△が放送されてから、山梨県の経済効果も大きな進化を遂げています。

山梨大学と「山梨中銀経営コンサルティング」は、この作品がどのような影響を与えているか、舞台となった地域でのアンケートや聞き取りによる調査を行い、20日、結果を公表しました。それによりますと、経済的な効果は去年4月以降、5つのイベントが開かれ、それによる県内の消費総額は推計で8500万円に上るとしています。このうち音楽イベントでは1人当たり2万4000円余りを消費し、県内の平均観光消費額の2倍に相当するということです。また、地域のイメージへの影響は、アンケートに答えた98%の人が「イメージアップにつながった」と回答し、さらに83%が「地域への愛着が増加した」と答えたということです。

NHK NEWS WEBより

実際にボクは、ゆるキャン△放送以降、県外ナンバーのゆるキャン△のラッピングカーを山梨県内で見たりすることも増えましたし、その変化を確実に感じています。

また、地域住民の方の多くの協力もあるものだと実感しています。

アニメの効果は改めてすごい!!って感じますよね!

▲アマゾンプライム会員になれば、ネット通販がめっちゃお得になったり、ゆるキャン△も視聴できます!

身延町立下部中学校(本栖高校)

 

舞台となるのは山梨県身延町。

都心とは全く違う、山に囲まれた田舎町がアニメの舞台です。

ゆるキャン△の舞台となり、本栖高校という名前の高校は現在は廃校となっている身延町立下部中学校。

このエリアは聖地として多くのファンが観光に来ているようです。

最寄りの駅はJR身延線の市ノ瀬駅や甲斐常葉駅

駅からはそれほど遠くはないですが、正直とても田舎です。田舎なので無人駅です。

 

この中学校は丘の上に立っており、学校に行くまでの急な坂は名物となっています。

アニメの中でもほぼそのままの表現で描かれています。

 

その昔、下部中学校の生徒は坂道ダッシュをしたんでしょうね。

またこの丘の上から眺める景色はとても綺麗です。

今現在、中学校は廃校ですが、体育館(屋内運動場)は時折地域のスポーツの取り組みなどで利用されています。

結構体育館は綺麗なのです。

アニメ未登場の穴場スポット常幸院

この聖地の中学校に車で来る時には、丘の上まで車で上がって路駐する人が多いですが、折角なら常幸院という曹洞宗の寺院が中学校の下にありますので、そちらに車を停めましょう↓。

実はこの常光院というお寺は、原作のアニメには出てきませんが、町の方から正式にゆるキャン△ファンの方を受け入れるようにと要請があり、積極的にファンの方と触れ合っている知る人ぞ知る寺院なのです。

その為、駐車場はゆるキャン△ファンの方のためにも解放していますので駐車することが可能です。

常幸院の入り口には↑のようなファンの心を擽る案内POPが掲示されています。

また、お寺の中にはゆるキャン△スタンプやグッズがいくつか売っています。

勇気を出して、お寺の中に立ち寄ってみましょう。

寺院の中にはこの寺院の方丈さんがご自身で揃えられたスタンプや寺院のスタンプが利用可能です。

聖地に来た記念にペタペタするのもいいでしょう。

 

なお、知らない方もいるようですが、この寺院には方丈さんが居る時に限り解放されている小部屋があるのです。

方丈さんが居れば案内してもらうことが可能です。

以下、許可を得て撮らせて頂きました!

じゃじゃん!どうですか!?

マニアには喜ぶグッズが並んでいますね!

なんと写真に写っているジャージやジャケットは非売品のグッズのようで、こちらは知る人ぞ知る隠し部屋!なのかもしれません。

萬店主

方丈さんどうやって調達してきたんだろ!?

上述した通り、こちらのグッズ売り場は方丈さんが居る時でないと解放されませんので、是非ともお寺さんへのお参りもしつつ、方丈さんにお声掛けすることをお勧めします。

 

このお寺の方丈さんは、2018年は「ゆるキャン△ファンの方たちとの有意義なコミュニケーションをたくさん取れて楽しかった」と話していました。

また、日本人だけでなく台湾人など海外のファンとも接することができてよかったと話されておりました。

折角このお寺に来たのなら、方丈さんとも話をする事でラッキーな情報が得られるかもしれませんね。

独自で制作したガイドパンフレットもあるので記念に持ち帰れます。(上の写真のパンフレット版です)

ここに来なければ頂けないものですね!

絵馬も是非ご利用ください!

ラッキードリンクショップ

アニメの中で時折登場するラッキードリンクショップ

飲み物の自動販売機なのですが、これにもモチーフとなっているものがあります。

山梨県に幅広く導入されているハッピードリンクショップという自動販売機です。

少し写りが暗いですが、複数の自動販売機を並べてほぼ100円という安価でドリンク販売をしている自販機なのです。

ローカル色が強いようで、県外の知人がこれを見たときは非常に珍しがって笑っていました。

ただ、ハッピードリンクショップは山梨県だけでなく長野県など山梨県以外の県にも展開しているようです。

山梨県内を車で走れば、大概目に入ってくるんです。

ゼブラ

ゼブラのモチーフは、主に山梨県で展開されているスーパーマーケットのセルバです。

身延町のセルバはゆるキャン△グッズも販売されていて、コアなファンはよく訪れるようです。

スーパーに酒屋・ドラッグストアなど生活必需品が揃うエリアです。

JR内船駅

アニメ内に出てくる内船駅はJR内船駅が実際にあります。

山梨市駅

アニメの中で僅かな瞬間で出てくる山梨市駅

実際にアニメの中では、はっきり山梨市駅という表記には見えないのですが、実際の駅もJR山梨市駅です。

2019年2月現在は長期にわたって改修工事をしている途中です。

見た目にも現在の山梨市駅とは少し違うんです。

 

アニメではここから徒歩で秘境温泉に行くのですがなかなか徒歩は遠いですよ

さらに坂道もかなり多いので、軽いハイキング感覚で行かないと正直キツそう・・・

ほっとけや温泉

山梨市駅から徒歩でたどり着いた秘境温泉のほっとけや温泉

実際の名はほったらかし温泉

 

しかしここまで徒歩で行くのはなかなか大変・・・

徒歩ではちょいと遠いし、坂道多いし結構辛い。

自動車やタクシーで行くのがマストですヨ。

ほったらかし温泉は、高台にある温泉で甲府盆地を見下ろせる絶景スポットでもあります。

 

夜のこのエリアは新日本三大夜景も選ばれた笛吹川フルーツ公園のエリアとなっていて、夜に甲府盆地を見下ろすとまるで、宝石箱に散りばめられた宝石の如く静かに輝く夜景をも見ることができます。

アニメでもとても綺麗に夜景が描かれています。

また、ほったらかし温泉は非常に有名ですが、↑その手前にも栄雅堂グループが運営する、↑ぷくぷくもあります。

もちろん、甲府盆地を見下ろせる露天風呂もあります。

こちらの湯も非常に人気で、館内に食堂や広間もあり、ゆっくりくつろぐことのできる温泉施設でおススメです。

 

日中であれば、フルーツ公園から眺めの良いスポットが幾つかあるので、この辺りを散策するのはオススメです。

アニメ内で出てきたドーム型のカフェ【オーチャードカフェ】(アニメ内ではオーチャードキッチン)で一息つくのもいいでしょう。

※オーチャードカフェは2019年3月に閉店されました・・・

桔梗信玄餅

山梨県銘菓の桔梗信玄餅も物語の中に出てきます。

袋と、蓋を開けて黒蜜を上からかけて食べるのではなく、袋にケースの餅を取り出し、そこに黒蜜をかける。

そして袋で包んでモミモミ。。

こうして食べるのが、食べやすくて美味しい食べ方というふうになっています。

実は山梨県民でもこのように食べる人は決して多くはなく、個人的には結構レアな裏技だと思っています。

 

また、信玄餅といえば笛吹市にある会社、桔梗屋の桔梗信玄餅が有名ですが、信玄餅という名称の菓子は金精軒という北杜市の会社が商標登録をしている銘菓。

違う会社ですが共に非常に似た商品で味わいも違うので山梨に来た際には、共に購入して食べ比べるのも面白いのです

四尾連湖

四尾連湖とは市川三郷町にある紅葉の美しい自然あふれるスポット。

聖地となる身延町からもそんなに遠くないエリアです。

四尾連湖は時期にもよるかと思いますが、カヤックツアーなども行われていて、特に秋口に自然を存分に体感するにはオススメのエリアです。

アマゾンプライム会員になれば、ネット通販がめっちゃお得になったり、ゆるキャン△も視聴できます!

日本一の巨大ハンコ

日本でも屈指のハンコの生産地でもある六郷。

このエリアはハンコの店も多く、アニメでも出てきた巨大ハンコが通りから見えるように飾られています。

結構でかいので写真には収めておきたい!

 

追記があれば、山梨県情報をどんどん乗せていきますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

7 − two =