未来のお笑い界を引っ張るかも!?今、ブラマヨ「吉田敬」が凄い!

昔も今も変わらず、日本のテレビ番組でお笑い芸人が出演しない日など見たことがありません。

限りある枠の中で、ほんの一握りでしか成功できない芸人の世界。

第一線で活躍している芸人は常にあらゆる番組から引っ張りだこです。

 

その中でも、ボクが密かに大注目している芸人さん。

ブラックマヨネーズの「吉田敬」氏。(写真右)

大注目といってもキャリアはベテランですよね・・・。

 

しかし、今この人の勢いが凄いのです!

何が凄いのか・・・紐解いていきましょう。

相方「小杉」の陰に隠れたブレイク当初

 

ご存知、M1グランプリの優勝。

コンビとしての漫才のセンスは皆が認めるところ。

見た目のインパクトでは「小杉」ハゲ。「吉田」ブツブツというのもおなじみ。

そして小杉の声量あるキレのあるツッコミ、吉田の毒づき。

コンビ揃って絶妙なバランスである。

 

しかし、ボクもイメージとして持っていたが、ブレイク当初はどちらかというと小杉にスポットが当たっていたようにも見える。

小杉のツッコミの面白さに、周囲からいじられてネタになるという新たな境地も生み出した。

芸風からも、吉田はダークなイメージがついていったことだろう。

一貫して通した毒づき路線

 

ブラマヨのボケとして、毒づいてツッコまれる構図を貫いてきた。

視聴者からはブラマヨの「悪者」というイメージもついたのではないだろうか。

しかし、その路線の一貫性によりキャラが確立し、テレビから必要とされてきたのだろう。

 

テレビでは、正論やおもしろいことをいう人は必要だが、身を呈して悪態ついたり、ツッコまれたりする人間が必ず必要になってくる。

その言動があってこそ、正論が際立つなどしてバラエティは成り立つものと思う。

自分の役割を理解し、徹底する。

これが今人気を得ている要因のひとつだろう。

ワードセンスは松本人志を超える?

 

現在、抜群のワードセンスでお茶の間の爆笑を誘っているのは、ご存知ダウンタウンの「松本人志」であろう。

お笑い界の中心にいる人物でもあり、誰もが認めるボケのスペシャリストだろう。

しかし、ボクが思うに「吉田敬」はこの重鎮のワードセンスよりも上をいくと感じている。

強く思ったのが、振られた瞬間によくそんなボケやフレーズが思いつくなぁ〜と感じました。

とにかく凄いのです!

 

というわけで、テレビで放送された中で、吉田敬の面白すぎるワードのボケをご紹介します。

お前4年後、「おくりびと」の監督にあのオスカー賞なかったことにしろ!って言えるか?

これは、いつまでも2005年のM1チャンピオンに固執しすぎる吉田に対して、小杉が「お前がそんなにM1のことばかり言うから俺ホンマにM1嫌いになってきてんねん!」と言ったことに対する反論。

 

おまえ、ジャーナリズム精神溢れすぎやろ!

小杉に女性関係で起こった細かいところを暴露され、たじろぐ吉田が放った一言。

 

お前3ミリ受け入れんのかい!悔しないんかい!

何事もイチローと比較する吉田。

イチローの身長180センチを年俸に置き換えると、自分たちの年収からの身長は3ミリしかないと計算をして、勝手に落ち込んでいる吉田に対して指摘した際の返答。

 

お前はオスとして負けを認めた!

以前、なんばグランド花月にイチローが訪れた時の話。小杉はイチローに挨拶に行った際、ロビー隅の熱帯魚の水槽あたりからこちらを吉田が見ていた。

小杉は「何してんねん挨拶行けや!」と言ったところ、

「お前はイチローさんにさっさと挨拶に行った。お前はオスとして負けを認めたことになる。俺とイチローさんくらい強い者同士のオスはこれくらいの距離が限界なんや!」

と言ったようです。

 

お前に俺を啓発する権利あるんかい?セミナーけ?お前

これも小杉とのやりとり。

感情のコントロールがへたくそと揶揄する相方に対して即座に返した言葉。

最後には「何セミナー気取ってんねん!オカン目線の次はセミナー目線かい!」

現場は大爆笑です。

漫才ではなく即興だから凄い・・・

 

お前、九官鳥やったら窓から捨ててんぞ!

これも小杉から、女性関係での振る舞い方を暴露されて焦った吉田は小杉の頭をはたきこの一言。

 

ライターの火、この辺近づけたら燃えると思いますよ

オイルマッサージ好きの小杉のことを話している時に、「こいつのマッサージ呼ぶ頻度凄いっすよ!」のあとに、小杉の耳あたりを指してこの一言。

 

もちろんこれらは、ごく一部のフレーズです。

毒づいたり、ボケたりするのはもちろん、吉田はエピソードトークも非常に面白い。

挙げだしたら面白トークはキリがありません。

大御所からの信頼も厚そう!

 

やはり番組を面白いフレーズで盛り上げる吉田に対しては大御所からも人気がありそうですね。

テレビの表情などから察すると「ダウンタウン」「坂上忍」「有吉弘行」など、今のテレビで欠かせない人物たちも吉田と共演すると非常に楽しそうに見える。

表情の作り方も絶妙

 

吉田は比較的ポーカーフェイス。

自分のことをネタにバカにされることを言われても、自分がボケてもそうそう表情は崩さない。

稀に女性関係のことを暴露されるとさすがに動揺を隠せない瞬間はあるが、基本的に感情を表に出していないからこその面白さもある。

おそらく、都度表情を変えていれば今の吉田ではなくなると思う。

彼の自分表現もおそらく技の一つではなかろうか。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

女性からはあまり人気のない芸人かもしれないが、純粋に「お笑い」というくくりで見ると、同期あたりでこれほど絶妙なフレーズで物言う芸人はいないと思う。

体を張ることも、いじられることも芸人には大切だと思うが、長い寿命を得るためにはトーク面白さは非常に重要な観点だと考える。

そのどれも吉田敬は持っている。これからもさらに期待ですな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen + four =