PC処理速度5倍改善!!ハイブリッドハードディスクを換装!

パソコンの処理速度。

パソコンユーザーにとってはとても重要なものです。

尋常じゃなく処理速度が遅くなれば、不安が募るのは当然!

パソコンに強い人ならまだしも、ボクのようにそれほど強く無い人にとったらヒヤヒヤものです。

 

今回の記事は、ハードディスク不良の症状から始まり、今(少しだけ)話題のハイブリッドダードディスクへの交換までを記事にします。

 

特に、パソコンにそれほど強く無い人へ向けた記事になりますよ!

 

HDD不良の症状

 

ある日、劇的にノートパソコンの処理能力が遅くなりました。

パソコンはMacBook Pro。

使い始めておよそ5年です。

 

最終的にはインターネット検索で文字を打ち込むにも、反応まで20〜30秒までかかる状態。

もう最悪です。

Time Machine でバックアップをかけようにもめちゃ遅すぎて断念。

 

インターネットで調べながら、症状的にもハードディスクが原因と考えましたが、念のためyahoo知恵袋で質問。

回答もほぼハードディスクが原因ということで、信じてハードディスク購入を決める。

 

家電の街・秋葉原で物色

 

丁度、東京都神田に行く用事があったので、秋葉原に寄って商品を探そうと決めました。

今回購入したいのは「ハイブリッドハードディスク」(SSHD)です。

 

メジャーなのは「HDD」と表記されるハードディスク。

現在多く普及しているのが、「SSD」(Solid State Drive)と表記される記録装置です。

 

 HDDSSD
容量大きい小さめ
速度普通超早い
耐久性衝撃に弱め衝撃に強め
価格安め高め

 

ざっくり特徴を表すとこんな感じです。

 

SSHD(ハイブリッド)の方は、HDDとSSDの中間の能力を持った装置です。

 

SSDは500Gの容量でも2万円を超えたりするものも多いです。

HDDは比較的安価ですが、速度はいたって普通です。

 

SSDでは高い・・・だけどある速度は出したい・・・という方にはSSHDがいいのではないでしょうか?

 

結構、PS4などのゲーム機に換装される人も多いようです。

 

 

という訳で、秋葉原で商品物色します!

Mac専門店やパーツ販売店で見ると・・・

店頭では、ほとんどSSHDを扱っていないことが判明!

 

 

店員さんに「SSHDありますか?」と聞いても、

「えっ!?何ですか?」と言われる結末・・・

 

 

まだ、認知が少ないのかなと感じました。

それともSSHDは不要とされているのかな・・・

 

というわけで、SSHDを購入しようにも秋葉原の街であっても品数がほとんどありませんでした。

結局ネット購入

というわけでネット購入です。

今回はamazonで、SSHDの先駆け?とも言われる「Seagate社」の2.5インチ・1T容量の品を購入しました。

IMG_5058

小さい商品ですが、大きめのダンボールに丁寧に梱包されてやってきました。

 

IMG_5059

こんな感じです。

amazonの中のレビューの評価もなかなか良かったので購入!

 

 

 

取り付けてみよう!

初心者でもハードディスクの交換は比較的簡単にできます。

 

注意点はしっかりバックアップを取ること!

ボクは元のHDDが遅すぎて、Time Machine バックアップができなかったので、少し前に取ったバックアップを使うことにしました。

 

 

念のため、ポータブルの外付けHDDにも重要ファイルは移しました。

 

 

 

IMG_5060

熱が無い状態でMacを裏返しに・・・

 

そしてネジを回していくのですが、後で星型(★型)のネジが出てきます。

精密のドライバーでもプラスと星型がセットになっているキットを持っておくと便利ですね!

 

ボクのMacBookのネジは合計で10本。

長さの違うネジもあるので気をつけましょう。

 

 

IMG_5061

ネジを回し、蓋を取るとこんな感じ。

左下の銀色のプレート状のものがHDDです。東芝製ですね!

これを交換していきます。

 

6点留めで星型のネジがありますので慎重に回していきます。

そして、ペラペラのHDDを引っ張り出す紙?があり、その根元に黒色のストッパーがあるので、プラスドライバーでネジ2本を回して外します。

 

 

IMG_5062

ストッパーを外すとHDDを引き出せるようになります。

HDDは一本の黒いハーネスで繋がれています。

これを慎重に外します。

 

 

IMG_5064

旧HDDを外したら、側面についているネジを4本外しておきましょう。

IMG_5063

続いて、SSHDをハーネスに繋げます。

※繋げる前に、HDDから外したばかりの側面のネジをSSHDにつけましょう。

 

側面ネジを締めて、ハーネスを繋げたら、先ほどの逆で取り付けていきましょう。

そしたら、完成です。

 

そんなに難しくは無いですね。

 

いざ、パソコン起動!

早速、MacBook Proを起動していくわけですが、普通に起動してもダメです。

【 commandボタン + Rボタン + 電源オン 】

で起動させましょう。

 

すると・・・

IMG_5065

ネットワーク選択画面が現れたら、指を離しましょう。

適したネットワーク環境を選び、待っていると・・・

 

 

IMG_5066

このように Mac OS X ユーティリティという画面が出ました。

そしたらディスクユーティリティを選択。

 

IMG_5067

消去のタブから、フォーマットは「Mac OS 拡張 ジャーナリング」を選択。

名前は適当に入力。

そしたら、消去を押し、念のため一度SSHD内を綺麗にしておきます。

 

 

IMG_5068

消去が完了したら、ユーティリティ画面で「Time Machineバックアップから復元」を選択。

 

 

IMG_5069

こんな画面が出るので、進んでいきます。

 

 

IMG_5070

バックアップをするデバイスを選択。

 

次の画面では、「バックアップの選択」です。

バックアップしたい項目を選択し、進みます。

 

IMG_5072

 

最後にバックアップする内容をどこに移すか。

各自名称変更したSSHDを選択します。

 

最終的に読み込んで完了です。

まとめ

 

再起動後まもなくは、少し重さはありましたが、そのあとは比較的快適です。

すんごい早いわけでは無いですが、遅くはありません。

処理速度のパフォーマンスは満足です!

 

交換前のHDDのパフォーマンスが悪すぎたというのはありますが、立ち上げ速度は5倍以上は早くなっています。

 

 

結果的にやや安価で、スピードもまぁまぁ出せるSSHDはオススメできるレベルです。

 

ただし、周りにいるPCに詳しい人によると、健全なHDDから健全なSSHDに換装したところで、驚くほどの変化は無い!と言い切る人もいます。

これからはSSHDではなく、結局のところSSDへの移行がメインになるだろうとのこと。

価格も徐々にではあるが、安価になるのではないかとの見解もあります。

 

まぁボクのHDDがカスすぎて・・・ということでだいぶ早く感じているというところですが、折角ならボクだってSSDにしたいところです。。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × three =