白くまラーメン?マツコも絶賛!即席麺でNo.1と言わせた究極麺

誰もが食べた事があるだろう「即席麺」。

チキンラーメンから始まり、年々新たな商品が販売され、進化している業界です。

 

以前テレビでも放映されましたが、即席麺を特集する番組で、マツコデラックスが「インスタントとは思えない」と発言し、ゲストの分まで(2食)手につける程マジ食いしたラーメンが現在知名度を急激に上げてきた「白くま塩ラーメン」。

 

恐らく、色んな旨い物を食しているマツコですら、これ程興味を持つのは凄いだろ!!という訳で、実際に白クマ塩ラーメンをレポートです。

なかなか高いぜ!白クマさん。

 

白クマラーメン公式ホームページによると、ケース売りが主となっているようです。

10食入りで1800円(税抜)

1食あたり180円!?即席麺でこの価格!しかもカップ麺ではなく・・・

う〜ん・・・高いと思われる方も多いでしょう。

 

しかし、売上げの一部は札幌市円山動物園の動物のエサ代として寄付されているようです。

なるほど・・・しっかり社会貢献をしているんですな〜!

また、公式ホームページによるとギフトの販売もあり、パッケージのかわいさも功を奏し、人気があるようです。

ドコで購入できるの?

 

白クマ塩ラーメンの販売可能店舗は限りがあるようです。

全国どこでも、コンビニでも購入できる訳ではないですね。

元々は園内限定販売でしたが、あまりの盛況に販売エリアを拡大しているようです。

 

北海道ではメジャーになりつつあるラーメンですが、全国的に見るとまだ認知度は低いです。

北海道以外でも、時にスーパーマーケット、デパートなどで販売している箇所を見ますが、僅かと言っていいかもしれません。

もちろんスーパーなどでは、定価よりも安価に販売していたりします。

 

確実に手に入れるならオススメはネット購入です。

基本はケース販売になるかと思いますが、ネット購入できれば交通費も浮き、ケースを家まで運ぶ労力も不必要でしょう。

開封から調理へ・・・!

開封

 

開封すると、丁寧に更に袋に入れられた乾麺とタレが出てきます。

デザインもシンプルでいて可愛くていいですね!

これだけで、一般的な即席麺とは少し違うな!と思わせます。

実はこの麺、生麺を48時間かけて乾燥させた本格麺とのことです。

期待値が上がるのも無理はない・・・。

スープ(タレ)

本来の調理マニュアルなら、タレは直接鍋に投入との事ですが、どんなタレか分かりやすいように丼に移してみました。

タレは液状の醤油のような色をています。
そして、油?ラード?が共に出てきます。

見た目、本当にシンプルです。

正直、これでそんな感動させるラーメンを作れるのか!?と・・・

麺を茹でる

 

沸騰した湯を用意します。

その中に乾麺を投入。

茹で時間は、なんと4分30秒!!

3分30秒茹でた所で麺を軽くほぐすとの事。

普通の即席麺とは違いますね。

 

硬めが好きな方は若干早い時間でも良さそうです。

盛りつけ

 

説明を読んでいくと、どうやら湯切りはしなくてもよさそうで、アツアツの茹で汁をそのまま盛りつけに使えるようです。

ジャン!

丼に盛りつけてみましたが、そのまま食べるのも・・・という事で

トッピングにお手製チャーシュー・刻みたまねぎ・かいわれを入れてみました。

 

見た目は塩ラーメンらしく、スープは透き通っています。

色合いは黄金色というようなキレイな色です。

いざっ!食します

 

いよいよ食します。

一口スープを飲んで・・・う〜んうまい!

味はあっさりしていてコク深い!即席麺で類似するラーメンがなく、初めての感覚です。

それでいて、体に悪そうな感じも全くありません。

本当にスッキリしていて飲みやすい。コク深い。風邪の時にも食べたくなりそう。朝食からでもいけそう!・・・そんな感覚もあります。

 

麺は中細麺といったところ。もちろん美味しいです。

まとめ

 

なるほど!確かに新感覚であり、旨い!

これ程までのクオリティを出せる即席麺は凄いと素直に思いました。

これから間違いなく売り場も増えてきて身近に手を出せるようになるであろう「白クマ塩ラーメン」。経験のない方は、まずはネットショップからでもお試ししてみてはいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

six − four =

Follow Twitter
SHARE