スタバ新サービス【Mobile Order & Pay】完全ガイド!起こりうる疑問も解決!

2019年6月26日よりスターバックスより新サービスがリリース。

その名も【MOBILE ORDER & PAY】(モバイルオーダー アンド ペイ)。

スタバといえば、レジで何分も並ぶということが疲れるという人もいるでしょう。

 

事前にアプリを使って商品購入し、並ばずに商品を受け取れるメリットがあります。

2019年6月のスタート時点では、試作段階でもあるとのことで東京都内のみの指定された店舗のみの運用となります。

 

そして今回、それを実際に使用してみました。

実際に使ったからこそ分かる使い方や、浮かぶ疑問今後の展望も記載したいと思います。

 

使い方だけ見たい方は、目次から見たいところへ飛んでくださいね!

 

Mobile Order & Payの概要

2019年6月26日より東京都内の56店舗から。

東京都内のスタバ店数はおよそ300店舗以上あるので、都内約1/6の店舗が試作店舗としてスタート。

そのため、多くのスタバは対応していないところが多いので、試作段階では運用している店舗を確認する必要があります。

 

因みに海外では既に多くの国で、この「Mobile Order & Pay」を運用している店舗が多い。

日本はやや遅れをとった形で運用を開始することとなりました。

これは、国内約430万人のスターバックスリワード会員向けサービスとなります。

 

使用するにはスマホとスターバックスの公式アプリのダウンロードが必要となります。

簡単にいえば、スマホから予約注文し、並ばずに商品受け取り口からもらえるというもの。

 

新サービスのメリットは?

この新サービスのメリットは・・・

  • 客は並ばずに商品を受け取ることができる
  • 店員はレジでの対応や金銭のやりとりが不要となり業務の軽減に繋がる
  • 後ろに並んでいる客を気にかけることなくじっくりメニューを選択できる

というようなメリットがある。

特に一番大きそうなのは、時折見せるスタバの長蛇の列に並ばなくて良くなったということ。

ある意味、みんなスマホオーダーしたら逆に混むかも・・・

 

需要はあるのか?

この新サービス「Mobile Order & Pay」は全国展開した際に需要があるのか?

・・・これはきっとあると考える。

 

上記で述べた「並ばず受け取れる」「じっくりメニューを選択できる」といったメリットを喜ぶ客はいるだろうし、先に運用している海外の顧客の動きも物語っている。

 

アメリカではこのサービスを既に運用開始し、モバイルでの注文をする比率が全体の16%になるという。

個人的にはこれは結構高い数値で、このサービスに価値を見出している人が多いと考えます。

 

 

また2019年10月1日から開始される軽減税率制度の流れも影響されているはず。

 

軽減税率制度では、

店内での飲食は消費税率10%

持ち帰るならば消費税率8%

になります。

 

わずかな金額の差ではあるが、これにより商品を持ち帰る顧客の比率が従来より上がる可能性があります。

このような先の流れも踏まえ、このサービスの需要はあるだろうと考えます。

 

Mobile Order & Payの使い方

 

まずは、スターバックス公式アプリを開きます。

きっとアプリの上部のWhat’s Newを開くと、以下のように新サービスの案内が記載されていることでしょう。

 

 

↑この続きを見るをタップしていっても、使用方法が記載されているので分かると思います。

さらに以下では、使い方の詳細や疑問点なども記載していきます。

 

 

 

実際に使用していくには、アプリを開いたファーストビューで、上記のように「アプリからはじめる新しいTOGOスタイル」の表記がされていることを確認してください。

そして、【オーダーする】をタップ。

 

注意
これがなければ、アプリを最新版にアップデートする必要があります。それぞれのスマホの設定(App Store やGoogle Play)からアップデートをしてください。

 

 

【オーダーする】をタップすると上記のようなページに移行します。

選択する項目は【お店の選択】【商品の選択】。

順番に進めていきます。

 

 

お店の選択に移ると、次のページで近くにある対応店舗を表示してくれます。

しかし、近隣に対応店舗がない場合は表記がされません。上記の写真の通りになります。

対応店舗があれば該当店舗が一覧で表示されます。

 

 

 

店舗一覧のタブをタップすれば、対応店舗が一覧で表記されます。

こちらは対応全店舗が表記されますので、どのお店が対応しているかはこちらを見ればわかります。

なお、受け取り可能時間の目安もわかります。

 

受け取る店舗を決定したら、次はじっくり商品を決めます。

 

 

合計商品数約40品のベースから選択します。

後ろで並んでいる人もいないのでじっくり選べますね。

 

 

商品を選択したら、ICE・ HOT・サイズ・数量はもちろん、カスタマイズもこちらから可能となります。

店舗・商品が決定したら、先に進みます。

 

 

上記のように店舗と商品が決定したら、金額とともにオーダー内容が表記されます。

カード残金がない場合は決済ができません。

決済した後はいかなるキャンセル変更もできないので注意しましょう。

 

 

注意
店内からしか受け取れませんので、ドライブスルー設置店では注意が必要

 

↑このように無事オーダーすることができました。

登録してあるメールアドレスにも注文完了のメッセージが来ていました。

 

表記の通り5分後以降に店舗に行こうとすると・・・

 

 

スマホにも受け取りに来てください!と通知が来ました。

無事運用されているようですね。

 

店舗の受け取り口にいくと、ご覧の通りドリンクが用意されます。

ただ、今回色々ゴタゴタがあったようで、本来貼るはずのラベルが貼られていません。

本来は受け取り番号が表記されたラベルが貼られますので、受け取る際は自身の受け取り番号と照らせ合わせるように。(右の空のカップに貼ってあるラベルのようになります)

Reward e Ticketやキャンペーンチケットは使えるの?

 

アプリから注文をする中で、商品欄には【Reward e Ticket】【カスタマイズチケット】【プレゼントチケット】らは選択肢にありません。

スタバの店員さんにも確認しましたが、これらは対応できませんとのこと。

 

基本的に「Mobile Order & Pay」は通常の商品注文しかできなく、チケットやプレゼント関連の対応はできません。

開始当初はできなかったものも、システムが進化し使用可能になる可能性もあるので今後に期待ですね!

 

貼られたラベルの国名は何の意味があるの?

 

受付完了した際の受け取り番号には様々な国名が記載されます。

 

ボクは「パナマ」でした。他にも「タンザニア」などありますが、これらの国名には意味があります。

その意味は、スターバックスのコーヒーの関わりの深い生産地が書かれているようです。

ちょっとした「へぇ〜」を感じてください!(笑)

 

この説明は商品注文完了後に送られてくるメールにも記載があります。

 

軽減税率制度開始後、受け取った商品を店内で飲食できるの?

 

これも非常に気になるところ。

上述した通り、2019年10月1日より軽減税率制度が開始となります。

それ以降は、店内の飲食は消費税率10%

持ち帰りは消費税率8%となります。

 

現在は持ち帰りを前提としたシステムではないため、店内で飲食される人もいるでしょう。

この辺、客は店内で飲食するのか?持ち帰るのか?といった選択肢をアプリに組み込む可能性があります。

ただその中でも、持ち帰ると意思表示したけど店内に入ったら気が変わって・・・といったケースもあるかもしれない。

 

軽減税率制度導入後は、あらゆる業界で客の良識が頼りになる部分が増えると思います。

 

「Mobile Order & Pay」は決済後はいかなる変更もできないので、今後の運用がどうなるのか楽しみです。

当サイトでは、現在この辺の運用はどうなるのか、スターバックスジャパンに確認しようと考えています。

今しばらくお待ちください。

 

今後のモバイルオーダーについて

 

今後は、上述した内容のシステムを組み込んだバージョンアップをするかもしれないです。

時代が進んでいくにつれて、システムが適応し、より便利な世の中になると思います。

 

実際にシステムを使用してみて、開始直後にも関わらず安定して処理し進むことができたので満足しています。

おそらく何度かバージョンアップを重ねていくことと思いますが、随時情報があれば更新していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three + four =