【東京メトロ24時間券】路線が変わった場合はお金かかる?疑問に答えるぜ

東京都内を自動車でなく、観光などで巡っているとなると必要なのは電車でしょう。

都内では非常に多くの路線が張り巡らされており、どこへ行くにも困らない。

1日の間で、沢山電車に乗るようであればお得な券が【東京メトロ24時間券】。

 

多くの人は周知のことだと思うが、観光などで東京都内を巡る人からすれば結構知らない人も多い。

お得な使い方や、よくある質問を解決したいと思います。

いろんなサイトでは表記されているけれど、案外記されていない【路線が変わった場合の対処】も明確に書きたいと思います。

 

東京メトロ24時間券の簡単な概要

 

簡単に書きたいと思います。

東京メトロ24時間券は、その名の通り使用開始時刻から24時間の間なら東京メトロの全路線が乗り放題。

メトロを使用し、あっち行ったりこっち行ったりし放題できるわけです。

価格は大人600円・子供300円

かなり動き回る人ならリーズナブルであること間違いなし。

東京メトロは初乗りが170円なので、4回乗ればどんな距離でもお得というわけである。

前売り券と当日券があります。

前売り券は売り場が限られる部分があり、多くの人は当日券の購入が多いでしょう。

ただし、当日券はその当日から使用開始しないとなりません。

 

直通運転で路線が変わった場合はどうなるの?

 

今回の記事の核となる部分です。

例えば、東京メトロに乗車してして、乗り換え不要で他路線へ移行していた場合は24時間券は使えるのか?

・・・といったケース。

 

 

例えば、写真のように秋葉原駅(東京メトロ)から金町駅(JR)へ行こうとした場合。

写真の下部では、綾瀬駅から金町駅までは乗換不要で他路線(東京メトロからJR)へ移行していますよね。

秋葉原駅から綾瀬駅までは日比谷線・千代田線のため、乗り放題区間なので問題ありません。

 

問題は綾瀬駅から金町駅の区間の費用はどうなるのか?といった問題。

 

上記の通り、東京メトロのQ&Aには明確に【下車時に別途運賃の清算が必要】記載されています。

その中で、「では他社線に乗り越した場合の清算はどうやるの?」といった疑問は次で解決します。

他社線へ乗り越した(乗り継いだ)場合の清算方法

電車の乗換アプリでも記載されることの多い、乗換不要で他社線に乗り越す場合。

必ず乗車賃の支払いが必要になります。

万が一、JRなどの他社線の改札に24時間券を通せば、ゲートを閉じられエラーになります。

 

この場合の清算方法は至って簡単です!

有人改札側に周り、駅員さんに対処してもらい清算する

ということです。

 

改札口には駅員さんが居ると思います。(いない改札もあるでしょう)

そこに行き、「24時間券の乗り越し精算をお願いします!」と申し出ましょう。

その際に東京メトロ24時間券の提示をしましょう。

 

そうすることで、最短距離の東京メトロの駅から換算した乗車賃を駅員さんが請求してきます。

今回のケース(綾瀬駅ー金町駅)の場合、SuicaなどのICカードがあれば165円、現金であれば170円の支払いがされれば改札を通過できます。

 

 

また、逆のケースとして以下の写真のようなケースもあります。

例としてJRの金町駅から東京メトロの秋葉原駅まで行きたい場合には、

はじめにJRの改札をSuicaや切符で通過し、降りる東京メトロの駅の有人改札で駅員さんに処理をしてもらう。

という流れになります。

 

※切符を購入する場合に、乗車賃など不明な場合は駅員さんに聞きましょう。

いずれにしても他社線に乗り越した場合には、降車した駅の有人改札で駅員さんに処理してもらうのが唯一の方法です。

 

無人の機械処理はできないのか?

 

上記のように他社線に乗り越した場合には、必ず有人改札で処理してもらわなければなりません。

そこで起きる疑問は、有人改札を利用しなくて、機械等でスムーズに処理できないのか?といった疑問。

 

これは2019年現在できません。

改札口・券売機・精算機等でこれに対応した機能はありません。

必ず乗り越しの処理には人の力が必要になるのです。

 

少し面倒でも必ず有人改札で対処してもらうようにしましょう。

 

以上が、疑問と解決法です!

あなたの電車旅が有意義になりますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen − sixteen =