【MacBook】キーボードのキートップの外れ・効かない!絶対的対処法

PCを使用していると予期せぬ故障やトラブルに遭うこともつきもの。

PCであるならば高額のため、不安になるようトラブルには絶対遭遇したくない所。

そんな中、MacBookを(Proも含む)使用していると時折起こるのがキーボードのキートップ(ボタン)の外れ。

キーボードの反応が悪いなぁなんて思っていたら、壊れているケースもあります。

 

そんな時にどうしたら良いのか?

具体的事例も上げて解説します。

キートップが外れる・効かない原因

 

MacBookを使用していて、キートップが外れるトラブルは時折起こりうる。

キートップには爪が付いていて、その爪が折れた際に外れてしまうというもの。

原因としては、長期でキーボードを打つこと(負荷・経年劣化)でも起こりますし、隙間からゴミ・ホコリが入り込んでしまうケースのきっかけも少なくありません。

 

筆者においては、2016年製MacBook(Touch Bar)の【い】のボタンが外れたわけであるが、後にAppleの店員さん話によると、2016年製のMacBookは、ゴミやホコリが万が一入り込んでしまった場合に、そのゴミが留まりトラブルを引き起こすケースがいくつか報告されている模様。

おそらく現行生産にあたってはそれが改善しているようだが、自分自身のトラブルはその辺が原因の一つでは?と考える。

 

MacBookを使用していて、キートップのボタンの反応や感覚が違うな〜。

と思い始めたら水面下で異常が起こっている可能性があります。

 

キートップが外れた状態で使える?

 

キートップの反応が悪い状態や外れた場合に操作はできるのか?

答えは出来ます。

キートップが外れると、バタフライキーボードというものが丸見えの状態になります。

キートップがなくてもこのバタフライキーボードセンサーが生きていれば反応はします。

 

仮にキートップを被せても使用はできますが、もちろん反応は悪かったりします。

修理して直すまでの間は優しく押してあげるのが一番でしょう。

修理はどうしたら良い?

修理するのに一番効果的な方法は、「ジーニアスバー」に行くということ。

「ジーニアスバー 」とはAppleの運営する対面型のサポートセンターです。

ジーニアスバーではApple製品の修理はもちろん、トレーナーなどによる製品の使い方のセミナーなども行われたりしています。

連日しっかり混み合っているこのジーニアスバー ですが、日本全国にどのくらいあるのか?

全国にあるジーニアスバーは8店舗。

東京都内に4店舗隣その他には大阪・京都・名古屋・福岡の主要都市にある。

どうしても距離があり遠いという方は、配送修理もあるのでご安心を。

当日は込み合うこともあるので、必ず「予約」をしてから向かおう!

予約自体は比較的簡単に上記リンクからできますよ!

壊れた当該機を持ち込むだけでオーケー

↑picture Dwinell blog

あとは当日該当となる機械を持ち込めばオーケー。

専門的なスペシャリストスタッフがあなたの悩みを解決してくれることでしょう。

筆者のケースは、「い」のキートップの外れだけでしたが、気を利かせてくれたスタッフが他にも違和感を感じるボタンはありますか?などと親身に聞いてくれて助かりました。

また、MacBook全体を丁寧に見渡して、少し落としたからなのか歪みがありますのでこれも少しお時間いただければお直ししましょうか?とまさにヒーロー!!

是非お願いします!と安心して依頼することができました。

 

修理から戻ってきたMacBookは綺麗に拭き上げもされ大満足で店を後にすることができました。

キートップの交換修理はいくらかかる?

さて今回のキートップの交換修理ですが、かかった費用は0円です。

スタッフによると、こちらの在庫がありまして無料になります。と言っていました。

他の人の体験談も0円ということでほぼ無料でできると言ってもいいかもしれませんが、在庫不足や旧式のものなどによっては有料になる可能性もありますが、有料でも安いでしょう。

また、MacBook自体の歪みも簡易的に修理してくれました。

畳んだMacBookをよく見れば歪んでいた部分も気にならないくらいに直してくれました。

↑これも0円。

 

昔、SATAケーブルの異常で交換した際にも在庫があり無料でできます!と対処してもらえましたが、ジーニアスバー は毎度行くたびに気持ちいい思いにさせてくれます。

中にはiphone画面の修理など高いものもありますが、無料で対応してくれるものもたくさんあるのも事実です。

キーボードごとの無償交換もある!

 

特に製品に限りがありますが、MacBook Proの2016年モデル(Touch bar)については、ボタン操作の不良が多くトップケース(キーボード、バッテリー一体型)の無償交換が可能とのこと。

この交換には該当機に埃やゴミが侵入した際に埃らが滞留し、ボタンに不具合を起こす可能性があるからというもの。

現行機においては改善されているが、上記モデルは交換しない限りボタン関連の影響が出る可能性があります。

 

所要期間は約1週間かかるが、これによりキートップ(ボタン)不良等のトラブルに遭遇する可能性が下がるのです。

該当機をお持ちの方は、1週間PCが使用できないネガティブ要素があるものの、無償で直せばバッテリーまで交換できるのでオススメです!

まとめ

 

Apple製品が故障した場合のファーストチョイスは間違いなくジーニアスバーでしょう。

電話やチャットで対応してもらえたりもするので、まずは聞いてから考えるのが一番です。

都心部などへのアクセスが遠い人は配送修理の対応もできるのでご自分にあった修理方法を考えてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × one =