iPhone画面割れ・ヒビ・傷は自力で直せるのか?調べまくった結果

それは、新型のiPhone11を購入して1週間足らずの出来事でした。

専用のバンパーケースをネットショップで購入したところ人気の品で、入荷までに2週間ほどかかってしまうと・・・

その間に落としてしまいました。アスファルトの上に液晶から。。

 

割れるまではいかないものの、キズ・弱目のヒビが無数についてしまいました。

しかも、新品購入時についていた簡易的な液晶フィルムを剥がしたばかりのできごと。

もうショックでショックで・・・

 

そこで調べるのが、iPhoneのキズ・ヒビなどは自力で直すことができるのか?ということ。

iPhoneの画面を傷つけてしまったことがある人なら調べたことがあるのではないでしょうか?

そこで、個人的にもかなり色々な方面で調べました!

果たして、iPhoneの画面は直すことができるのか?ぜひお読みください。

iPhoneの液晶面の破損状況

 

これが私のiPhone11proの液晶画面の破損状況です。

古いスマホで写真を撮るのも少し難しかったのですが、なんとなく分かるでしょうか?

実際にマークをつけてみました。

 

手前には無数の細かいキズ。

液晶画面中央には横に伸びる長いキズ。

この長いキズは爪が引っ掛かる程度のものです。

 

光の反射や角度に注意して確認すると、がっつりキズが入っているのがわかるのです。

改めて見ると超ショック!

 

液晶を修理する時にかかる価格

 

iPhoneの液晶面を破損させた時に、Appleに修理の依頼をするとなると困るのはその価格。

Apple Care(月額がかかるiPhoneの保険)に加入していれば修理費用は3,400円。

加入していなければ、今回のiPhone11proであればなんと【30,400円】かかってしまうのです。

 

保険加入していなければ、なんと約10倍の価格です。

なお、iPhoneの画面修理業者がありますが、取り扱っているガラスはほぼ純正と同じガラスではありません。

iPhoneで取り扱っている液晶ガラスは、特殊なものでAppleにしかない模様です。

 

 

新品同様の液晶ガラスに戻そうとしたら、業者では事足りないのです。

業者で直して使えるのですが、指でのタッチ感などが微妙に違ってくる可能性もあります。

もし、Apple Careに加入していて、液晶ガラスを破損させてしまったのなら迷わず【Appleで修理】です!

 

 

液晶を破損させないための気をつけるべき方法・対策

↑これはヤリすぎ!自力リペア不可能!

 

数年後、新しいスマホに買い換えようとすると、現在使用しているスマホは下取りに出すケースが多いでしょう。

iPhoneであれば、市場価値も高く2年使用していても綺麗で破損状況などなければ、30,000円以上の価値で下取りをしてくれたりもします。

 

そのためには、まずは専用のケースや液晶フィルムを貼ってiPhoneを強化させることです。

iPhoneを購入して多くの人が、ネットでケースやフィルムを購入する流れになるかと思いますが、iPhoneの新作が発売されれば同じようにケースやフィルムを購入する人が殺到し、在庫確保や、発送に時間のかかることもしばしばあります。

そのため、手元に新作のiPhoneがあっても、しばらく裸の状態が続く可能性があるのです。

 

今回の私のケースがまさにそれだったのですが、新品のiPhoneを購入時に気をつけるべきは以下の3点です。

  • 新品のiPhone購入を見越して早めにケースやフィルムを注文しておく
  • 購入時についている簡易フィルムを、ケースやフィルムを付けるまでは剥がさない
  • フィルム・ケースが届くまでは地面から高い位置でスマホ操作をしない

 

この3点を守っておけば、ある程度は盤石でしょう。

 

iPhone画面の破損は自力で直せるのか?

 

さぁいよいよ本題です。

私もこれに関して自分自身がそうだったため、かなりの量を調べました。

液晶面についたヒビ・キズに関して多くの人が対応している方法が「埋める」のか「削る」のか「誤魔化す」ということです。

 

埋める

 

液晶に出来てしまったヒビ・キズに対してなんらかの溶剤を利用して磨く。

液晶のわずかに隙間に溶剤を浸透させ埋めて、キズの違和感を無くすという方法。

 

削る

 

コンパウンドあたりが代表格です。

コンパウンドはよく車のキズ消しなどに使われていますが、これの使用には注意が必要。

いろんな方がこの手法を用いて修理を試みていましたが、キズが目立ちにくくなるという声もある一方で、健全な液晶面も傷つけてしまった!というケースも少なくありませんでした。

 

コンパウンドは研磨剤を使用しているので、長時間使用することで「研磨」されていきます。

ざっくりというと「削る」ということにもつながります。

あまり液晶面を研磨するというのは好ましくないでしょう。

 

どちらかというと「埋める」効果的な手法があれば試したいところ。

 

誤魔化す

 

つけてしまったキズは仕方ない!

それならこのキズを目立たなくさせよう!というのが誤魔化すということ。

ネット上にはよくアップされていますが、「サラダ油」と「液晶フィルム」を使って、キズ自体を目立たなくさせようというもの。

 

見えないという観点では嬉しいですが、フィルムを剥がせばキズがガッツリ入っているのがわかります。

下取りに出す際などで、査定に響いてしまう可能性がありますね。

 

結論としては自力では難しい

 

上記の通り、世の中の人は色々な方法を駆使してiPhoneを直そうと頑張っていましたが、完璧に直している人は見つけることができませんでした。

 

理由の多くは、液晶ディスプレイがApple社独自のものだから、同様の素材が出回っていない。

特殊な液晶ディスプレイのリペアの成功例も聞かない。ということが挙げられます。

やはり前例がないということは、ほぼ自力で修理は難しいということになるでしょう。

 

もし、この修理技法を持っている人や業者があるなら結構儲かっているのではないでしょうか?

あったら教えて欲しいですね。

 

 

iPhone購入直後なら保険価格で直せる!?

 

また新品のiPhone購入間もない時期であれば、Apple Careに加入せず購入しても保険価格で直せるようです。

方法は、まずiPhoneの設定画面に入ります。

すると、開いてスグのページに【AppleCare +の保証を追加する】というものがあります。

こちらをタップすると・・・

ご覧のようにAppleCare +加入への画面にシフトします。

この期間内であればAppleの保険に裏技的に入れますのでお勧めします。

 

ただし加入は2年間になりますが、入会して保険で液晶画面を直して【スグ解約】をしても保険を利用していることがあり、解約に関連する返金はできません。

何も修理履歴がなくAppleCare +を利用していないということであれば、途中解約で返金が認められます。

 

この場合に保険に加入したならば、満了まで払い続けてさらなる故障やトラブルに備える方が良いかもしれませんね。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen + eight =