【中央線特急の新座席サービス】実際の運行を体験してみて思うこと。

JR中央線特急。

東京都と山梨県・長野県を結ぶ貴重な特急列車になるのだが、2018年3月16日からその仕様が大幅に変わってくることとなりました。

実際にそのスタートとなる2018年3月16日に特急列車に乗ってきましたので解説したいと思います。

大まかな概要とは?

 

実際に大きく変更した概要とは一体なんなのか?

難しくではなく簡単に説明したいと思います。

大きなタイトルとしては「中央線が、変わる。」

目的としては安心して座れて、快適で便利になるというもの。

 

特に大きな変化点は、

1・すべての座席が「指定席」の扱いとなります。

2・価格が変更になります。

 

1・すべて指定席の扱いになる上でのルール

 

まずは、乗車する前には座席の指定をしましょう。

それもできるかぎり早く!

経験上の話ですが、3/16のスタート時には新宿駅から乗ったのですが、駅ホームの指定席を設定できる券売機には客が10名ほど並んでいました。

そのお客に対応する「係員」も数名いましたが、慣れていない方や年配の方が並ぶとやはり時間がかかります。

時間がなく、あわててドタバタするよりはなるべき早めに座席指定をする方が得策でしょう。

券売機で特急券を購入したり、あずさ回数券で座席指定をしたことある人なら、座席指定に関しては戸惑うことはないと思います。

3/16より特急内の頭上には3色に点灯するランプが装備されています。

その色によってお客さんがいるかいないか?の意味合いが変わってくるのです。

 

簡単に説明すると・・・

緑色のランプの席は指定済の席ということで座ることはできません。

黄色は間も無く座席指定をした人が乗ってきます。

座席指定をせずに特急列車に乗ることは可能ですが、赤色のランプの席に座らなければならないということです。

また乗車していると黄色(間も無く座席指定した人が乗ってくる)にランプが変化することもあるので注意していなければならないのです。

※人間の感覚的に赤色はSTOP!緑色はセーフティのイメージなので少々ややこしいですね!

このような感じになります。

ボクは左側の座席に座り、右側の座席は空席でした。

2・価格変更について

 特急料金価格も一新されます。

詳細は写真の通りですが、距離に応じて追加される特急料金が変わります。

例えば新宿ー大月間ならおよそ77kmということで追加される特急料金は1000円です(事前購入)。

以前と比較すれば、指定席の価格設定ではやや割安になっています。

 

いつも自由席を使っている人なら多少の値上げ。

指定席を利用していた人なら多少の値下げと言う感覚になると思います。

特急あずさ回数券は廃止?

 

ここまで多くの人が利用していた「あずさ回数券」

ボクもそうですがチケットショップで購入すると1000円くらいは割安で購入できるなど役に立ってきたものですが、新たな着席サービスの運用に伴い「あずさ回数券」は廃止になりました。

試しに千代田区のチケットショップで聞いてみましたが、もう販売していないとのこと。

使い慣れた人にとってはショックですが、慣れていくしかないですね。

 

最安値!えきねっとチケットレスサービス

 

えきねっとチケットレスサービスというものがあります。

えきねっととは・・・JR東日本が運営しているお得なキャンペーンも多いホームページ。

 

えきねっとチケットレスサービス

スマートフォン・携帯電話の「チケットレス申込メニュー」から申込めば、駅で指定席特急券を受取ることなく、そのままご乗車いただけます。さらに、「えきねっとチケットレス割引」も適用される、便利でおトクなサービスです。(パソコンからはお申込みいただけません)    JR東日本より

先ほど説明した事前料金よりさらに100円安い特典となります。

これが現状の最安値になります。

 

チケットレスサービスの利用方法

1・スマートフォン・携帯電話の「えきねっと」のサイトにアクセスし、「チケットレス申込」メニューからお申込みください。

2・申込完了後、購入完了メールが届きます。「購入完了メール」および購入完了の画面メモをご利用の端末に保存し、ご持参のうえ、ご乗車ください。乗車券はSuica・モバイルSuicaなどをご利用ください。

3・後は電車に揺られて目的地まで快適な旅を!

運用開始時のトラブルや様子など

 

実際に3/16に運用を開始すると、中央線の主要特急停車駅では、「中央線が、変わる。」と書かれた白色のジャンパーを着た駅員さん?を沢山目にしました。

JR東日本がこの新たな方針に、ぬかりなく・混乱を招くことなく力を入れているのはわかりました。

運用開始時に揉め事などのトラブルは見えませんでしたが、一部車両の中では3色のLEDランプが作動せず消灯してしまうシステムトラブルもありました。

おそらく、この消灯のまま終点まで電車は走ったと思います。

 

新たな取り組みにはトラブルや異常はつきものですが、安全に運行できて一先ず良かった。

これからさらにシステム等をブラッシュアップしていくと思います。

中央線特急を使う客の一人として、さらに快適な運用になることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nine − 6 =

Follow Twitter
SHARE